法学未修者 S.Kさん

教員との距離が近く、いつでも質問ができる学習環境

Q1. 法科大学院を志望した理由を教えてください。

司法試験を目指すため、予備試験か法科大学院か悩んだことはありました。しかし、学部での勉強だけでは、どうしても至らない部分を感じていたため、法科大学院を志望しました。もちろん表面的な知識だけであれば独学でも可能ですが、なぜそうなっているのかという、根拠や経緯に関する書籍にない部分は、独学では修得できないと思ったからです。専門的に研究に邁進されてきた先生、実務で経験を積まれた先生の下で教えていただくことが、しっかりした知識を修得することにつながり、また、自らが実務についた際も重要になると考えました。

Q2. その中でも、法政大学法科大学院を選んだ理由を 教えてください。

法政大学法科大学院が実施する少人数制の授業で学べる点が一番の理由です。優秀な先生に教えて頂いていても、質問も議論もできなければ、独学とほぼ変わりありません。疑問を感じたその場で、授業中であっても質問できる場が提供されること。先生が教えながら学生の反応を見て、全員の理解が適切に進むように授業を進めてくれること。少人数だからできる双方向の流れがあって初めて、授業を活性化し、学習内容を高め合っていくことができると考えています。

Q3. 法政大学法科大学院に入学してよかったと思うところはどこですか?

先生方に質問できる機会を十分に設けてあるところです。授業中、授業後は当然として、時間外も「オフィスアワー」という質問時間が設けられています。先生と学生の距離が常に非常に近く、ふと疑問に思ったことであっても、いつでもフランクに質問できる学習環境は、学生にとってとても恵まれていると思います。

また修了生の方々も、母校愛が強く、夜遅くでも足を運んでくださって、司法試験を受けた時の自らの体験談や注意点、勉強の方法などを教えて下さいます。一年経過した今でも、法政大学法科大学院を選択してよかったと感じています。

Q4. 法政大学法科大学院での学生生活の感想を教えてください。

法政大学法科大学院は学生間の距離も近いため、みんなで頑張ろうという雰囲気が強いです。学生間で授業前後の討議もしやすく、わからなかったところをお互いに埋めるような話し合いもよく行います。先生に質問できる環境ももちろん重要ですが、お互いに切磋琢磨できる友人は非常に重要で、友人との何気ない議論で理解できることも多く、とても恵まれた環境にいると感じます。

時間割(1年生)

春学期 1
2

刑法Ⅰ

(2)

民法Ⅰ(前)・民法Ⅱ(後)

(2)

憲法Ⅰ

(2)

民法Ⅰ(前)・民法Ⅱ(後)

(2)

 
3

民法Ⅴ

(2)

民事訴訟法Ⅰ

(2)

刑事訴訟法Ⅰ

(2)

4

アメリカ政治論

(2)

基礎ゼミⅠ

(2)

 
5

 

秋学期 1  
2

刑法Ⅱ(前)・刑法Ⅲ(後)

(2)

民法Ⅲ(前)・民法Ⅳ(後)

(2)

憲法Ⅱ

(2)

民法Ⅲ(前)・民法Ⅳ(後)

(2)

 
3  

民事訴訟法Ⅱ

(2)

刑法Ⅱ(前)・刑法Ⅲ(後)

(2)

4

基礎ゼミⅡ

(2)

5    

春学期集中 法情報調査 1 単位

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP