法学未修者 S.Kさん

未修者にとって、早く既修者レベルに到達できるかが最初の関門奨学金制度が充実している点も大きな魅力になりました

Q1. 法政大学法科大学院を選んだ理由を教えてください

法律を専攻したことのない未修者の私にとって、如何に早く既修者レベルに到達できるかが最初の関門であると感じていました。そこで基礎科目の充実度が重要だと考え、これを進学すべき法科大学院の選択の指針としました。

法政大学法科大学院は、各種法律学の基礎教育の徹底、少人数・双方向授業の設定、先生方に指導を受ける機会が授業外にも設けられていること等、法曹になるための有効な教育施策が具体的に実践され、未修者への門戸が広く開かれています。そこで、法曹になるための手段として法政大学法科大学院を選びました。

Q2.法政大学法科大学院の目指す少人数・双方向授業 の感想を教えてください

双方向授業のため、自分の理解していることを相手方の質問に対し、適切な範囲で適格に説明することが求められます。また、少人数授業ゆえに発言回数も多く求められることとなります。自分の知識や思考では説明できない質問も多く投げかけられます。

しかしこのような緊張感ある授業を受けることで、法知識のみならず、精神力も強化されたように感じます。

Q3.法政大学法科大学院が開講している実務科目の中で、好きな科目は何ですか

ローヤリングです。先生の作成した法的問題につき、学生がクライアント役と弁護士役を演じ、解決方法を提示することを体験的に身に付けることを目的としています。

弁護士役は、クライアントに対し、法的解決策を提示します。これはとても難しく、条文解釈をどの範囲までクライアントに伝えるべきか、クライアントが感情的になっている場合どのように対応すべきかを模索しなければなりません。

このように、机に向かって学ぶだけでは得られない「弁護士としての対話」を学ぶことができる点がこの科目を好きな理由です。

Q4.法政大学法科大学院での学生生活の感想を教えて ください

法政大学法科大学院では、司法試験合格後、多様な法律問題に対して適正かつ迅速に対応できる法曹を目指す者が多く学んでいます。このような環境が身近にあるため、一人で闇雲に資料を見て答えを出そうとするのではなく、仲間や教員方に教えを請い、多角的視点から答えを探すことができます。このような状況が法知識の獲得の近道といえ、ついては法曹への近道ともいえると思います。

時間割(2年生)

春学期 1

刑法演習I

(2)

2

民法演習I

(2)

刑事訴訟実務の基礎

(2)

3

民事訴訟法演習I

(2)

民事訴訟実務の基礎

(2)

4

クリニック1

(2)

刑事政策I

(2)

5

倒産法I

(2)

秋学期 1

刑法演習II

(2)

2

刑事訴訟法演習I

(2)

行政法演習I

(2)

法と心理学

(2)

3

憲法演習I

(2)

民事訴訟法演習II

(2)

民法演習II

(2)

4
5

倒産法II

(2)

ローヤリング(面接交渉)

(2)

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP