法学未修者 Y.Oさん

小学生のころから弁護士になろうと考えていました

Q1. 法科大学院を志望した理由を教えてください

小学生のころから弁護士になろうと考えていました。司法試験に合格して弁護士になるためには予備試験というルートもありましたが、自分の実力からすると、法科大学院でしっかりと法律を学んでいくことが一番の近道だと思いました。また、実際に弁護士として社会で活動することを考えると、法曹実務の基礎的なことを学んでおくことも重要であると思ったため、法科大学院を志望しました。

Q2.その中でも、法政大学法科大学院を選んだ理由を教えてください

ひとつは、徹底した少人数教育を行っていることです。授業を少人数制とすることで密度のある授業が期待でき、司法試験を合格するために必要なしっかりとした学習ができると考えたからです。もうひとつは、充実した奨学金制度が理由です。入学時の特別奨学金や、入学後にも成績優秀者に与えられる奨学金があるため、自分の努力次第では、修了まで実質的に授業料が免除されるという制度があることは、法政大学を選ぶうえで大きな理由でした。

Q3.法政大学法科大学院に入学してよかったと思うところはどこですか?

先生方と学生、また学生同士の距離が近いところです。小規模校で学生の数が少ないため、先生方は学生一人ひとりに親身になってくださり、そのため授業中はもちろん、授業外においても質問をしやすい環境となっています。また学生同士の関係も良く、わからないことを先輩に質問したり、逆に後輩から質問されたりなど一緒に勉強することも多く、仲間とともに切磋琢磨しながら司法試験に挑戦していけるところが、この法科大学院のいいところだと感じます。

Q4.法曹の一員となってからの目標を教えてください

私は、主に一般民事事件を扱う弁護士、いわゆる「町弁」になろうと考えています。法律問題等は複雑・重大化する前に早期に処理したり、未然に防ぐことができるのが一番いいと思うので、問題が顕在化する前でも気軽に相談ができる、敷居の低い弁護士になれればと思っています。また、紛争を未然に防ぐためには、どのような問題にも多角的な視点で対処できるようにならなければいけないため、さまざまな分野に精通した弁護士になれるよう、今のうちから常に多くのことを学び続けていきたいと思います。

時間割(2年生)

春学期 1

刑法演習I

(2)

2

民事訴訟法演習I

(2)

刑事訴訟実務の基礎

(2)

3

行政法基礎

(2)

民法演習I

(2)

民事訴訟実務の基礎

(2)

4

労働法I

(2)

クリニック

(2)

5

ドイツ法

(2)

秋学期 1

刑法演習II

(2)

2

刑事訴訟法演習I

(2)

行政法演習I

(2)

3

憲法演習I

(2)

民事訴訟法演習II

(2)

民法演習II

(2)

商法II

(2)

4

労働法II

(2)

5
  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP