法学既修者 K.Tさん

奨学金制度が充実している点も大きな魅力になりました

Q1.法政大学法科大学院に入学してよかったと思うところはどこですか?

 先生が教育熱心であることと、接しやすい環境を作ってくださることに尽きると思います。学部時代はゼミを除けば多数人を対象にした講義形式の授業が大半で、講義でわからない点があったとしても気軽に質問できるような環境になく、知識に穴があり、結局法の全体的な構造を理解できていないということが多々ありました。

 入学後においては、先生との距離も近く感じられ、質問することが容易な環境にあり、自身の知識の弱点を克服することにつながったと思います。

Q2.法政大学法科大学院において充実している設備とそれを選んだ理由を教えてください

 キャレルです。一人一人に固定の学習机が与えられているので、学習環境の取り合いになることはなく、十分な面積があることから窮屈に勉強をしなくて済むので、非常に快適です。

 机に付属している本棚の他、個別にロッカーも付与されていますから、基本書の他授業のレジュメの保管を考えても十分なスペースがあり、これに困ったことが一度もありません。

Q3.少人数・双方向教育が有効な理由はどこにあると思いますか?

 学生が誤って理解をしている点について先生方がこれを把握し、正しい理解を促してくれる点にあると思っています。

 人間誤解はつきものですし、わからないことよりも間違って記憶している方が自身で訂正する機会が少なくなりますから、これが後を引くことがあります。多数人に対する講義形式では、限られた時間の中で学生の発言を全体に対してすることはできませんから、学生の理解を把握することは難しく、仮にできたとしても学生の誤りを個別的に対応することは更に困難でしょう。

 しかし、法政大学法科大学院においては徹底的な少人数・双方向授業で、学生の発言の機会も多く、先生も学生の誤りに気付く機会があり、正しい理解に行き着くことができます。

Q4.法曹の一員となってからの目標を教えてください

 法科大学院での授業を経て関心を広げ、今では様々な分野に興味を持っています。

 そこで、弁護士として臆することなく様々なことに挑戦し、幅広い分野で活躍することができればと思います。

時間割(2年生)

春学期 1

刑法演習I

(2)

行政法基礎

(2)

2

民事訴訟法演習I

(2)

刑事訴訟実務の基礎

(2)

3

民法演習I

(2)

民事訴訟実務の基礎

(2)

4
5

倒産法I

(2)

憲法訴訟論

(2)

商法I

(2)

秋学期 1

刑法演習II

(2)

2

刑事訴訟法演習I

(2)

民法演習II

(2)

行政法演習I

(2)

法と心理学

(2)

3

憲法演習I

(2)

民事訴訟法演習II

(2)

4

クリニック2

(2)

 
5

倒産法II

(2)

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP