学習支援

オフィスアワー

意欲的な学生が勉学に関する質問や相談をしたり、個人的な指導・助言などを受けたりできるように、専任教員によるオフィスアワーの時間を設定しています。

オフィスアワーは基本的には教員の研究室で行われます。オフィスアワーの時間中、教員が研究室に在室しており、学生は事前の予約なしに自由に訪問し、気軽に相談をすることができます。

※オフィスアワー:学生の相談などのために設定される、教員が研究室などを学生に対して広く開放する時間

充実したIT環境を提供

学生一人ひとりにノートパソコンを貸与し、院生研究室にプリンターも設置しています。法政大学の情報ネットワークシステムのアカウントが提供され、インターネットへの常時接続が可能です。

また「TKC法律情報データベース」などの外部の法令・判例検索サーバーへのアクセスも可能になっており、いつでも授業や自習などに利用することができます。

法科大学院生が利用可能なデータベース

(1)ローライブラリー(TKC法律情報データベース)

LEX/DBインターネット、法学紀要データベース、新・判例解説Watch、法学資料データ、公的判例集データベース等

(2)第一法規法情報綜合データベース(D1-Law.com)

判例体系、現行法規、現行法規(履歴検索版)、法律判例文献情報、紛争類型別要件事実解説データベース

(3)LLI統合型法律情報システム

最高裁判所判例解説、判例タイムズ、ジュリスト、金融法務事情、金融・商事判例、労働判例、銀行法務21、邦文法律雑誌記事索引、LLI判例検索システムおよび判例百選アーカイブ、法学教室アーカイブ

特任講師

若手弁護士や法律家を特任講師として登用。きめ細かな授業実施のためレポートの添削補助や教材・資料の準備などを担当し、学生の履修をサポートします。

授業評価とFD(ファカルティ・ディベロップメント)

法政大学法科大学院では、自己点検・自己評価に関する取り組みを行っており、その一環として学生による授業改善アンケートを実施しています。このアンケートは、授業の質や効果を評価し意見を述べることができるもので、アンケート結果は匿名で各教員に伝えられ、その後の授業に活かされることとなります。

また、教員の能力と授業の質に更なる向上を図るため、FD委員会を設置。授業方法などについて適宜意見交換、研究会の開催等を行っています。

法政法科大学院紀要

研究・教育レベルの向上を目的として、法政大学法科大学院では独自の法律誌『法政法科大学院紀要(Hosei Law Review)』を発行しています。この紀要には、教員の論文等に加え、新司法試験合格者が参加する実務演習の報告などを掲載しています。

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP