ご挨拶

法律学の基礎から応用までを少人数教育で

法政大学法科大学院は、法律学を実生活に応用し、現代社会に生じる多様な法律問題に対して適正かつ迅速に対応できる、創造的応用力を備えた市民のための法曹の養成を目的としています。しかし、法律学を実生活で応用するためには、まず、各種法律学の原理・原則・概念・思考方法等の基礎をしっかりと学んでおくことが必要です。そこで、法政大学法科大学院では、まずは各種法律学の基礎をしっかりと学んでもらったうえで、これを応用し、各種法律学上の多様な論点について、多角的な観点から分析して論理的に結論を導き出し、かつ、導き出した結論とその理由を的確に表現する能力の育成に重点をおいた教育を実施しています。

ところで、公法と私法、民事法と刑事法、実体法と手続法といったかたちで相互に対立・依存・関連・交錯する各種の法律学について、2年間あるいは3年間で、その基礎をしっかりと学び、かつ、その応用力まで身につけることは、必ずしも容易ではありません。しかし、法政大学法科大学院の教育課程・カリキュラムは、この困難な目標を在学生のみなさんが一人でも多く達成できるように、用意周到に編成されています。

そして、法政大学法科大学院では、特に、法曹資格取得に必要不可欠な法律基本7科目(憲法・民法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法・商法・行政法)については、すべて1クラス15名を標準とした少人数による、質疑応答を中心とした双方向型の授業によって、その基礎から応用までをしっかりと学べるようになっています。

また、法政大学法科大学院では、専任教員として、教育研究水準の高い研究者と、裁判官・検察官・司法研修所教官等の経験者や弁護士などの実務家をバランスよく配置し、民事法であれ刑事法であれ、実体法であれ手続法であれ、理論と実務を有機的に学ぶことができるようにしています。

なお、併設している法律事務所「リエゾン」では、弁護士である教員の指導のもとに、現実の事件について、法律相談、事件内容の予備的聞き取り、事案の整理、関連法令の調査などの実務を学ぶことも可能です。

以上のように法律学の基礎と応用を少人数教育でしっかりと学べる法政大学法科大学院から、21世紀を担う創造的応用力を備えた市民のための法曹がたくさん育っていくことを願っています。

法務研究科長
廣尾 勝彰

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP