水野 智幸

教授(実務家)

現職及び主な経歴
法政大学大学院法務研究科教授
弁護士(第一東京弁護士会)
司法試験考査委員(刑事訴訟法)
元裁判官
担当科目
刑事訴訟法Ⅰ、刑事訴訟法Ⅱ、刑事基礎演習Ⅱ、刑法演習Ⅰ、刑法演習Ⅱ、刑事訴訟法判例演習Ⅰ
オフィスアワー
月曜4限 研究室
自己紹介
 1962年生まれ。1988年~2012年裁判官。主に刑事事件を担当し、途中、司法研修所刑事裁判教官、司法試験考査委員(刑法)を務めた。2016年から弁護士登録し、第一東京弁護士会の刑事弁護委員会、日弁連の人権擁護委員会第1部会(再審・誤判)に所属。2019年~司法試験考査委員(刑事訴訟法)。
 毎朝のジム通いと、詩吟・書道・華道の稽古で、心身を整えています。
最近の研究テーマ
①大学での研究・教育と、法曹実務家の活動をどうリンクさせるか
②心理学や法哲学などの関連諸科学を、刑事司法実務にどう生かすか
③誤判を防止し、冤罪を晴らすために、何をすべきか、何ができるか
最近の主要著書・論文
「刑事訴訟法の視点-「カルロス・ゴーン氏事件」を考える」
(『法学教室』475号、有斐閣、2020年)
「防衛と錯誤の交錯 -「裁判官の弁明」ではなく-」
(『日髙義博先生古稀祝賀論文集 上巻』、279頁、成文堂、2018年)
「供述心理学で「嘘」は見抜けるか
 -大崎事件再審開始決定鹿児島地決平成29年6月28日に接して」
(『法律時報』10月号、日本評論社、2017年)
「勾留の要件(最一小決平成26・11・17判時2245号124頁②事件)」
(『刑事訴訟法判例百選 第10版〔№232〕』、有斐閣、2017年)
「特集/刑事証拠法の展開 違法収集証拠」
(『法学教室』2016年12月号、36頁~、有斐閣、2016年)
「違法収集証拠排除法則の認定」
(『刑事事実認定の基本問題(第2版)』、361-382頁、成文堂、2008年)
MESSAGE
 法科大学院での勉強はマラソンと同じです。
 最後まで自分の足で走り続けなければなりませんが、正しいフォームでコツコツと練習すれば必ず完走できます。フォームの作り方、練習のペースなどは、私たちコーチ(教員)がそれぞれの選手(学生)の状況に合わせて、丁寧に教えていきます。
 ゴール目指して、一緒に走っていきましょう。

専任教員 一覧へ

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP