野嶋 愼一郎

教授(実務家)

現職及び主な経歴
法政大学大学院法務研究科教授
弁護士
元司法研修所刑事弁護教官
元司法試験委員(刑法)
担当科目
「刑事法演習」、「刑事訴訟実務の基礎」、「クリニック3」、「刑事事実認定の基礎」、「現代家族の法と手続」、「刑事基礎演習Ⅰ」
最近の主要著書・論文
「リスク管理と契約実務」(第一法規)
「図解法令遵守チェックマニュアル」
(第一法規)
「弁護士業務書式文例集」(日本法令)
「境界紛争事件処理マニュアル」
(新日本法規)
「刑事弁護実務平成22 年版(追補版)」
(日本弁護士連合会)
MESSAGE
司法試験は「この問題について、あなたはどのように考えるのか」が問われているのです。従って、自分なりに、事案を分析して法律問題を抽出し、適用すべき規範を定立し、事案にあてはめ一定の結論を導く能力、また、それを文章で表現する能力を培わなければなりません。
このような能力は、法律実務家となった後も、個々の事件に立ち向かいながら、一生研鑽して行く必要があります。受験時代は、無意味なものではなく、実務家になる基礎的な能力を身に付ける第一歩となるのです。皆さん、将来の法曹を夢見て着実に研鑽を重ねて下さい。私も力の限り協力します。

専任教員 一覧へ

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP