安東 美和子

教授(実務家)

現職及び主な経歴
法政大学大学院法務研究科教授
元検察官
元司法研修所検察教官
元司法試験委員(刑事訴訟法)
担当科目
「刑事訴訟法演習Ⅰ」、「刑事訴訟法演習Ⅱ」、「刑事訴訟法判例演習Ⅰ」、「刑事訴訟法判例演習Ⅱ」、「刑事訴訟実務の基礎」
最近の主要著書・論文
「犯罪被害の実態に関する調査」法務総合研究所研究部報告7(2000 年)
「捜索・差押え−検察の立場から」(三井誠ほか編「新刑事手続Ⅰ」所収)(2002 年)
「万引きは軽微な犯罪か」罪と罰52 巻1号(2014 年)
MESSAGE
法律は、本来決して難しいものではありません。最初は取っつきにくくてよく分からないと感じるものですが、実際にどういう場面でどう使われるかをイメージし、常識に照らしてどういう結論が妥当かを考え抜くことで、次第にリーガルマインドは身につくはずです。そのための努力は決して惜しまないでほしいと思います。私もそうやってがんばっている皆さんへの助力は惜しみません。

専任教員 一覧へ

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP