安東 美和子

教授(実務家)

現職及び主な経歴
法政大学大学院法務研究科教授
1985年~2017年 検事(東京,長野,札幌地検検事,法務総合研究所研究部室長研究官,函館地検次席検事,司法研修所検察教官,東京高検公安部長などを経て,德島地検検事正,熊本地検検事正,最高検検事)
2003年     旧司法試験考査委員(憲法)
2005年     新司法試験考査委員(刑事系刑事訴訟法)
担当科目
刑事訴訟法演習Ⅰ、刑事訴訟法演習Ⅱ
オフィスアワー
月曜4限 研究室
自己紹介
 2017年まで約32年間検事として勤務し,捜査公判業務のほか,犯罪白書作成,司法研修所教育などに携わってきました。それらの経験を生かして,これから法律実務家を目指す人たちに実務の真髄,魅力の一端を示せたらと思っています。
最近の研究テーマ
刑事裁判における主張・立証のあり方
最近の主要著書・論文
「『具体的事実に法を適用する』とはどういうことなのか
 ー現行犯逮捕の事例を題材として」
(『法政法科大学院紀要』第16巻第1号、2020年)
「伝聞証拠の意義(1)
 -供述内容の真実性の証明か供述の存在自体の証明か」
(『法政法科大学院紀要』15巻1号、2019年)
「刑事政策の現場から 万引きは軽微な犯罪か」
(『罪と罰』52 巻1号、168-170頁、日本刑事政策研究会、2014年)
「捜索・差押え−検察の立場から」
(『新刑事手続Ⅰ』、悠々社、2002年)
「犯罪被害の実態に関する調査」
(『法務総合研究所研究部報告7』、法務総合研究所、2000年)
MESSAGE
 法律は、本来決して難しいものではありません。最初は取っつきにくくてよく分からないと感じるものですが、実際にどういう場面でどう使われるかをイメージし、常識に照らしてどういう結論が妥当かを考え抜くことで、次第にリーガルマインドは身に付くはずです。そのための努力は決して惜しまないでほしいと思います。私もそうやってがんばっている皆さんへの助力は惜しみません。

専任教員 一覧へ

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP