山崎 雅彦

教授(実務家)

現職及び主な経歴
法政大学大学院法務研究科教授
弁護士
元第二東京弁護士会懲戒委員会委員
元日本弁護士連合会監事
担当科目
「法曹倫理」、「クリニック4」
最近の主要著書・論文
『改訂 弁護士倫理の理論と実務』(共著、日本加除出版、2013)
『倫理研修』(日弁連研修叢書現代法律実務の諸問題〈平成21年度研修版〉収録、第一法規)
MESSAGE
人間に生まれた以上は、社会や人の役に立つ仕事がしたい。そんな動機で私は法曹を志しました。司法書士や行政書士など弁護士の廻りにはいろいろ隣接業種はありますが、自ら厳しい倫理を定め、自ら運用しているのは弁護士会だけです。弁護士の業務が信用されるのは、資格を取れる知識があるだけでなく、資格を保持するに必要な倫理観を弁護士が共有しているからと考えます。正義感に燃え、正義の実現の役に立ちたいと考えている皆さんは、厳しいけれども資格を取ることにぜひチャレンジしてください。お手伝いします。

専任教員 一覧へ

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP