合格者の声

司法試験合格者メッセージ

「養われた直感力」と「周囲の支え」で合格

法学既修者 M.Kさん

司法試験合格を目指すようになったきっかけは、中学生のときにテレビドラマを見て検察官に憧れたことです。そこから司法試験合格を目指し始め、高校を選択する際には大学に法学部が設置されている法政大学の付属校を選択し、法政大学から法政大学法科大学院に進学しました。

法政大学法科大学院では、具体的事例に即した問題について、教員と学生が議論するという双方向の授業が少人数で行われます。双方向授業には、実務家の方や研究者の方がどういう問題意識で具体的事例に向き合っているのか、ということを肌で実感できます。学生の意識次第ですが、教員の方々が学生と議論または講義をしたりしている様子から、実務家が目の前の事件についてどのように考えていくのか、実務に携わるにあたって何を意識しているのか等を幅広く肌で感じることができます。それを積み重ねていくと、具体的事例に向き合ったときに何か直観的に感じるものが生まれてきます。本当は、直観的に感じた理由を考えて論理的に説明することが必要で、それができなければ自分が感じたことは間違いではないかと疑わなくてはなりません。でも、問題を解決するには、まずは具体的事例に向き合ったときに自分で何かを感じることが必要です。具体的事例に即した授業を通じて、直観的に感じる力が養われたように思います。

司法試験では、具体的事例を与えられ、法律解釈や事実について自分なりの考えを論じるという作業をします。それは、問題文を読んだときに何かを感じ、その感じたことを論理的に説明するという作業だと思います。その何かを感じる力というのは、具体的事例に多く向き合い、教員と学生の議論等から肌で感じたことで養われた直感力そのものだと思いました。

最後に、僕が今年司法試験に合格できたのは、周囲の方々の経済的な、そして精神的な支えがあったことが一番大きな理由だということを述べておきたいと思います。私は、基本的に一人で勉強するのですが、司法試験を本当に一人きりで乗り切るのは精神的に相当厳しいものがあります。応援してくれる友人、彼氏、彼女、家族等の支えが一つでもあれば辛いときの励みになります。自分一人のことなら妥協してしまう場合でも、支えがあることでその人のためにも頑張ろうというエネルギーにもなってくれます。もし、司法試験に挑戦される方がいたら、自分を支えてくれる方々を大切にして欲しいと思います。


人に恵まれ、駆け抜けた3年間

法学未修者 K.Yさん

私が法科大学院進学を決意し、本格的に法律の勉強を開始したのは、大学3年生の春のことでした。勉強をすればするほど、いかに自分が法律を理解していないかを思い知らされるばかりでしたので、法科大学院に3年間通い、じっくり勉強に取り組んだ方が良い結果を残すことができると思い、未修者として進学することを決めました。結果的に、この判断は正しかったと思います。

法政大学法科大学院での3年間は「人に恵まれた」この一言に尽きます。わかりやすく丁寧な授業をしてくださる優秀な先生方、朝から晩まで快適な自習環境を提供してくださる大学職員の方々、一緒にゼミを組み答案を添削してくださる面倒見の良い先輩方、同じ志を持ち切磋琢磨するとともに同じ悩みも共有してきた気の置けない友人たち、そして理解ある家族のバックアップ体制。このように「人に恵まれた」からこそ、私は、3年という期間で合格に必要な力を身に付けることができたのだと感じています。

3年間という時間は客観的には長いようにも思えますが、司法試験合格レベルまで学力水準を高めるとなると、学ぶべきことは多く3年間はあっという間です。特に初受験の場合は時間が足りず、勉強のやり残しを抱えたまま、司法試験を受験することになってしまう方も少なからずいるように思います。法科大学院での2年間ないし3年間という限られた時間の中で、いかに時間をやりくりし、優先順位をつけて効率的に学習していくかが、現役合格をする上で重要なポイントになると思います。司法試験ではなにが求められているのか、司法試験に合格するために最低限必要な知識のラインはどこかということを常に念頭において学習を進めてほしいと思います。

私は、先輩方や友人とゼミを組んでもらうことにより、短時間で集中して効果的な学習をすることができました。そして、上述したように良き人々に囲まれていたからこそ、ときにはくじけそうになりつつも3年間を駆け抜け、現役合格することができたと考えています。これから司法試験合格を志す方も、どのようにしたら効率的な学習ができるかを考え、あっという間に過ぎていく2年間ないし3年間を上手に使い、合格を目指してほしいと思います。


司法試験に合格するための要件

法学既修者 T.Mさん

私は自他ともに認める普通の人間ですが、そんな普通の人間が司法試験に合格するためには、いくつかの要件があります。そのうち、3つを挙げたいと思います。

まず、絶対に外せないのが「たくさん勉強すること」です。私は法政大学法科大学院で勉強していて、学習環境面で不自由を感じたことはありません。法科大学院で、午前9時から午後10時まで、一日中勉強した日も多くありました。私の人生で一番勉強したときだと思います。

次に「自分で考えること」です。司法試験の論文で求められていることは、結論ではなく、思考過程です。そのため、授業では分からない部分もきちんと理解しておくこと、課題では自分なりの答えを導き出すことなど、自分を誤魔化さずに粘り強く考えていく姿勢を大切にしました。

そして重要なのが「司法試験の勉強の方向性を間違えないこと」です。司法試験の合格者の勉強方法には、ある程度の共通項があります。この共通項を知らないと不合格の推定が働いてしまいます。私は、法科大学院の先輩や同級生を通じて、このような共通項を体得していきました。

私は、法政大学法科大学院の充実した環境を思う存分に使い、授業を一生懸命受講し、仲間と切磋琢磨して勉強した結果、司法試験に合格することができました。法政大学法科大学院は、合格に必要な様々なものが揃っています。それを生かすも殺すも、自分次第だと改めて思います。


同志との切磋琢磨

法学既修者 S.Kさん

私は他学部出身で学部では心理学を学んでいました。心理学を学んでいく中で、特に離婚等の問題では、心理的と法的の両側面が問題となることが多いと感じ、法的な側面を学びたいと思ったことから法曹を目指すことにしました。

法政大学法科大学院の在学中は、授業を中心とし、復習メインで勉強を進めました。なぜなら、法政大学法科大学院の教授には元司法試験委員の方も多く、諸先生方についていくのが合格への近道だと思っていたからです。具体的には、論文式試験で論証するとしたらどのように表現したら良いか考えながら、授業を受講していました。その後、疑問点は必ずオフィスアワーを使い質問に行き、解決できるようにしました。また、友人とゼミを組んで司法試験の論文過去問を解きました。書いた答案は、合格者の先輩に見ていただくこともありました。実際、授業に積極的な学生の多くが司法試験に合格していたと思います。一日一日を大切にする姿勢が、必ず合格に繋がると思います。

司法試験は、どんなに勉強しても方向性を誤ると合格は遠のいてしまいます。また、精神的にも過酷な試験です。これらの点に対応するためには、志を同じくする先輩・友人と共に勉強することは大変有意義であると考えます。

今後は、離婚・相続等の家族間に生じる問題について、カウンセリング能力を活かして、依頼者の心に寄り添う法曹になりたいと思っています。


法科大学院と司法試験で得たもの

法学既修者 S.Mさん

私が司法試験に合格できた最大の理由 は、合格という目標に向かって最適なルートを迷いなく進むことができたからです。学部時代はさほど熱心に法律の勉強をしておらず、法政大学法科大学院に入学した当初は、自分の実力のなさに愕然としたものです。司法試験にしても、何年も勉強してきた人と勉強期間や知識量で到底勝てないのは明らかでした。そこで私は、手段の最適化で戦うことにしました。合格するためにはどうするべきかを常に考え、必要なもののみを徹底的にやり、無用だと思われるものは、それが多くの受験生の常識であったとしても、バッサリ切り捨てました。結果だけみれば、自分のやり方は正しかったのだろうと思います。

このようにできたのは、両親の応援、そして勉強に集中できる環境に身を置けたからです。充実したサポート体制がなければ、合格に徹することはできなかったかもしれません。

私は、2年間の法科大学院での生活と司法試験の合格で、法曹になるための切符の一つを手に入れました。しかし、それはほんの一部で、先生や友人、先輩たちとの交流、必死で勉強した思い出、目標を達成するための思考プロセスとその重要性…私がここで得た全ての物事は、その切符と同じぐらい自分にとって燦然と輝く価値のあるものです。

法政大学法科大学院では大切なことを多く学びました。今後は、学び得たものを実務の世界に届けることを、自分の最大の目標に据えていきたいと思います。そのためにはどうするべきか、何が最善か、それを分析して解き明かすのが今の自分の「課題」です。


  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP