授業体験者の声

クリニック授業 ~体験者の声~
法学未修者 T.M

 私は、将来弁護士になりたいと考えています。特に、民事事件だけでなく、刑事事件にも力を注ぎたいと考え、刑事事件の経験が豊富な先生の「クリニック」を受講しました。

 「クリニック」を通じて、弁護人として、捜査や公判の各段階でどのような点が問題となり、争うことが出来るのか教わりました。

 中でも逮捕、勾留請求前後のそれぞれの段階で、身体拘束という大きな権利制約に対し、被疑者のためにどのように釈放を求めていくべきなのか、実際の事件の書面なども見ることができ、大変勉強になりました。

 また、公判の段階でも具体的事件に即して、罪体やアリバイ、証拠能力、情状などの、どの部分に焦点を当て、どのような主張をし、弁論を組み立てていくのか、具体的なイメージを持つことが出来たことも非常に良かったです。

 特に、先生が実際に担当された裁判員裁判事件を交えて、裁判員に分かりやすく、冒頭陳述や弁論の内容を主張する方法を教えていただけたので、将来に活かしたいと感じました。 

 「クリニック」では先生が被疑者役となり、学生が弁護人として模擬接見を行いました。接見においては、被疑者との信頼関係を築くことが重要であり、法律の知識がない相手にわかりやすく刑事事件の手続やその流れ、当該事件の見通しについて説明したり、事件について聞き取りをしたりするのは非常に難しいと感じました。わかりやすく説明するためには、自分自身がよく理解している必要があると感じたので、被疑者との関わりを意識しながら刑事手続きの流れ、法的問題点、論点を確認し、理解を深めました。

 今後は、授業で培った視点や経験を活かして、実務を見据えた学習をし、依頼者に寄り添い、依頼者の利益のために尽力できる弁護士を目指したいです。


ローヤリング授業 ~体験者の声~
法学既修者 R.S

 私は、法科大学院修了後の一つの進路として弁護士を目指しています。そのため、ローヤリングを受講しました。

 法律基本科目では、判例についての理解、法制度の趣旨や、そこからどのように法律要件を解釈し、適用するかについて学びます。実務基礎科目では、法律基本科目で学んだことを前提に、それが現実の実務においてどのように手続きや訴訟活動で実践されているのかを学びます。

 他方、ローヤリングは、法曹、特に弁護士としてどのように行動するのか、行動する際にはどういうことに留意すべきかについて学びます。具体的には、依頼人と信頼関係を構築していく技術や依頼人から法的に必要な事実を聞き出す技術、行動経済学等に触れながら、どのように交渉を進めていくかといった技術や知識を、法律相談や交渉のロールプレイを交えながら学びます。

 法律相談では、相談者からは、法的な回答や助言が求められますが、相談者が必ずしも法律に詳しいとは限らないため、平易な言葉で説明しなければなりません。実際に、相続や離婚等を素材とした法律相談のロールプレイをやってみると、気づかないうちに法律用語で説明してしまい、とっさに言い換えることや、かみ砕いて説明することの難しさを実感しました。平易な言葉で説明する技術は、他の授業科目で答案を書くときや、将来法曹として書面を作成するときにも役立てることができるため、とても勉強になりました。

 また、飼い主が見ていないところで、犬が噛みついてしまったというペットのトラブルを素材とした調停のロールプレイでは、双方の当事者が見ていないところでの出来事であり、双方とも自分の言い分が正しいと考えやすく、お互いの言い分を聞きながら事実認定を行うことは、とても難しかったです。事実認定や事案分析をすることは、司法試験の問題を解く際にも、実務の実践においても不可欠な力であるため、ロールプレイを通じて、実践的に学べたことは、とても勉強になりました。

 実際にロールプレイを通して学ぶことで、実務に就いたときに、どのように行動すればよいか、具体的に良い点や問題点を理解することができるため、座学の講義だけでは気づけなかった新たな気づきや学びがあります。授業で学ぶことで、将来実務に就いたときの、自信につながると思います。今後は授業で培った知識や経験を基に企業や官庁など多様なフィールドで活躍できる弁護士を目指したいです。

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP