授業体験者の声

クリニック授業 ~体験者の声~
法学既修者 K.H

私は、法科大学院終了後の進路の一つとして組織内弁護士を考えているため、企業法務等に関わりの大きいクリニック ( コンプライアンス ) を受講しました。

この講義ではコンプライアンスについて、その意義、役割や、重要性など基本的なことについての知識だけでなく、実在の企業がコンプライアンスを意識して作成した企業行動憲章等を題材にすることで、コンプライアンスが企業においてどのように活用されているかをより現実に即した形で学ぶことができました。また、判例や事件を題材にすることで、なぜコンプライアンスが十分に生かされなかったのか、企業としてはどうような企業行動憲章があればよかったのか等についても考えることができました。

コンプライアンスを題材にしたクリニックではあるものの、講義内容はこれに留まらず、会社法や労働法、これまで学んだことのなかった個人情報保護法、組織内弁護士についても触れることがあり、知識を増やしつつ、自らの進路についても考えるよい機会となりました。

個人情報保護法はこれまで学んだことがなかったため、少し難しく感じましたが、難しいことを問われているわけではないので、図書室の本等を使うことで講義への準備は十分に可能でした。

組織内弁護士となった場合には、この講義で学んだコンプライアンスのあり方、考え方を常に意識していければと思います。


ローヤリング授業 ~体験者の声~
法学未修者 S.G

私は、民事分野で活躍する弁護士を目指しています。実務を目指す者として、単に法律論を学ぶのみならず、実務を意識した勉強をしたいと思い、ローヤリングを受講しました。

ローヤリングは法律論を意識し、与えられた事実と向き合って学ぶという他の法律基本科目と違い、クライアントとの対人関係を主として取り扱う科目であるため、他科目との違う難しさがあります。劇団員の方を招いて法律相談、示談交渉のロールプレイを行うのですが、不安、悲壮、激情といった感情を露にする相談者を前に、相手の緊張を和らげる方法、相手の話を要約して言い換え内面を明確にする技法、それに理解を示しつつ自分が味方であるという確認させる技法、事案を把握し、クライアントの真意を明確に掴むという技術を学べ、同時にその重要性にも気づかされます。これらはこの授業でしか学べないことです。自己の課題点を明確に捉えられ、実務に向けた大きな経験となりました。

今後は授業で得た経験を生かし、クライアントに親身に寄り添い、同人が抱える問題に対し善良の解決策を提示できる弁護士になりたいです。

  • 受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 修了生の方へ
  • 入学予定者の方へ
PAGETOP